引越しの手続きは車もあります

引越しの手続きは、車を所有している人は車の手続きもしなければいけません。車の新車庫、または駐車場が決まりましたら、転入届手続きをした後に管轄の警察署に申告をします。必要書類は車庫の見取り図や配置図、印鑑などが必要になるので忘れないようにしましょう。でもこれは地域によって違う場合もあります。自分で事前に確認をしておくといいでしょう。車庫証明が取れたら陸運支局で車の登録変更をします。これは引越してから15日以内に行わなければいけません。同じ陸運支局管轄内かどうかによって必要書類も変わってきます。確認しましょう。違う管轄に引っ越す場合は、ナンバープレートも変更になります。だから車で行くほうが良いでしょう。バイクを持っている場合は、バイクも同じように行わなければいけません。同時に行うといいでしょう。

引越しの手続きは転出があります

引越しでまず必要になるのが旧住所の市役所に転出届を提出します。転出証明書を発行してもらう手続きになります。転出証明書は新しい住所で転入手続きを行うときに必要になってきます。新しい住所が分かりしだい、早めに行うようにするといいでしょう。届出を行うことができるのは本人か、もしくは同じ世帯の人に限ります。ここで必要な書類がいくつかあります。まずは印鑑が必要です。あとは顔写真つきの身分証明証(運転免許証・パスポートなど)も必要になります。国民健康保険証は加入者のみ、必要になります。住民基本台帳カードも登録者のみ必要になります。あとは本人以外が手続きを行う場合、委任状と代理人の身分証明証も必要になります。色々と必要なものが多いので忘れないようにしましょう。本人以外が行う場合は早めに委任状をもらいに行きましょう。

健康保険も引越し手続きをします

引越しのときは、国民健康保険に加入している人はこれも手続きをしなければいけません。旧住所の市役所で資格喪失の手続きをします。転居にともなって自動で資格喪失するわけではありません。そこは忘れないようにしましょう。国民健康保険は転出届の提出と同じときに行ってもいいでしょう。手続きができるのは本人になります。本人が無理なら同じ世帯の人になります。必要な書類は、まずは保険証です。そして印鑑も必要です。顔写真つきの身分証明証(運転免許証・パスポートなど)も必要になります。本人以外が市役所に行って行う場合は、委任状と代理人の身分証明証証も必要になるので忘れないようにしましょう。届出期限は引越し前後の14日以内となっています。必ずこの期限内に行うようにしましょう。会社員の人は会社で社会保険の異動を行ってもらいます。