ネットの引越し手続きを

引越しをすると電話と同様にインターネット接続の設定も変更する必要が出てきます。同じ回線、プロバイダーを引き続き使う場合は新たに契約をする必要はありません。でも切り替え作業が必要になってきます。手続きをしないままでいるとインターネットが使えなくなってしまいます。注意しましょう。ホームページで引越しの際の手続きが詳しく書かれています。それをじっくり読んで確認しておきましょう。そして今利用しているプロバイダーのサポートに連絡をしてみるといいでしょう。連絡は電話がいいでしょう。細かい希望が相談しやすいからです。そして話も早く進みます。「引越しをするけれども引き続き利用したい」と告げましょう。そうすると引越し先の住所でも利用可能かどうか、調べてくれます。場所によっては使えないこともあるので、早めに調べてもらいましょう。

ネットの引越し手続きをしましょう

引越しに伴ってプロパイダ、回線を変更する場合もあります。別のものに変更する場合は、まずは現在のプロパイダを解約しなければいけません。解約手続きの前に新居で希望のプロバイダ、回線がちゃんと契約可能かを確認するしておくほうがいいでしょう。マンションや団地等の場合は、入れる回線が決まっていることが多いです。だから注意が必要です。また、契約期間内の解約で違約金を取られるケースもあります。解約や新規契約で発生する費用、新規契約特典も含めて考えましょう。新しいプロバイダ、回線を選ぶときは色々な条件を総合的に見て考えなくてはいけません。今のプロパイダを解約したら、次は新規で契約するプロバイダへ連絡します。こちらも手続きは電話やインターネットで行うことができます。インターネットに接続できるようにするために、工事が必要となる場合もあります。

郵便局の引越し手続きを書きます

引越しは転出届や住民票等の市役所業務についてはしっかり覚えていても、郵便局での手続きは忘れてしまうこともあります。でもきちんとしておきましょう。郵便局での手続きは、郵便局への転居届の提出になります。これによって、1年間の間は以前の住所に送られてくる郵便を、新居に自動的に転送してくれるようになっています。最近では転居届をインターネット上でも行えるようになっています。だから平日の休みを費やす必要もありません。賃貸住宅の場合は、自分が出て行った部屋には次の別の人が住むことになります。転居届をしないままだと、個人情報がその新しい住人に漏れてしまいます。個人情報が漏れてしまうのはとても危険なので、きちんとしておきましょう。レンタルビデオなどの会員カードや洋服店などのポイントカードも住所を登録していることが多いです。だから住所変更をしておきましょう。